FXの分散投資

EA-BANK

FX(外国為替証拠金取引)で大切なことは色々とありますが、その一つに分散投資をするということが大切なポイントとして挙げられます。 FX(外国為替証拠金取引)における分散投資というのは、同じ通貨ペアにすべての資金を投資するのではなく、色々な通貨ペアに資産を分けて投資するというのが分散投資の方法です。 なぜFX(外国為替証拠金取引)において分散投資が必要なのか、それはリスクを少しで

続きを読む

FXの通貨ペア

FX(外国為替証拠金取引)の取引会社を選ぶ際にはいろいろな面で比較をすると思いますが、比較するポイントの一つとして、FX(外国為替証拠金取引)の通貨ペアで比較をするという方法があります。 FX(外国為替証拠金取引)初心者にとっては、通貨ペアをどうやって選べばいいのか分からない人も多いと思いますが、高金利の通貨が今はとても人気です。 FX(外国為替証拠金取引)の通貨ペアといってもどんな種類があるのか

続きを読む

FXの信託保全

FX(外国為替証拠金取引)を始めるにあたって証券会社などを選ぶということが、まず最初にすべきことではありますが、その際に比較するポイントとして、FX(外国為替証拠金取引)の際の資金の信託保全については確認しておいた方がいいでしょう。 FX(外国為替証拠金取引)の信託保全というのは利用する人の資金を、FX(外国為替証拠金取引)会社や証券会社が、金融機関に信託して保全している形のことを言います。 簡単

続きを読む

ロスカット

FX(外国為替証拠金取引)におけるロスカットについて紹介していきたいと思いますが、そもそもFX(外国為替証拠金取引)というのは元本が保証されていませんから、レバレッジをかけて、急に相場が変わってしまったという場合には、もしかすると大損害を出してしまうということもあり得ます。 FX(外国為替証拠金取引)でのそんな場合のリスクや損害を出来るだけ小さく抑えることとしてロスカットが導入されています。 FX

続きを読む

ローソク足

FX(外国為替証拠金取引)のチャートを見ているとローソク足と呼ばれるものも出てくると思いますが、FX(外国為替証拠金取引)のローソク足というのは、1種類ではなく色々な種類があります。 例えば分足もあれば日足、週足もありますし、月足といったローソク足もあります。それぞれ色々な期間をターゲットにしているFXのローソク足があります。 FX(外国為替証拠金取引)のローソク足は、それぞれ使う目的が違っていて

続きを読む

レバレッジ

FX(外国為替証拠金取引)でいうところのレバレッジというのは、少ない資金で大きなお金を動かすことです。 FX(外国為替証拠金取引)というのはそもそも現物取引を行うのではなくて金融先物取引になりますので、レバレッジの効果を活かして利益を出すことが可能なのです。 証券会社ごとにFX(外国為替証拠金取引)のレバレッジの倍数は違っているので、確認したうえで利用することになります。 例えばFX(外国為替証拠

続きを読む

マージンコール

FX(外国為替証拠金取引)ではマージンコールというものが出てきますが、これはFX(外国為替証拠金取引)におけるリスク管理の一つです。 FX(外国為替証拠金取引)というのは外貨貯金と違って、レバレッジを使って少ない資金でも2倍から400倍くらいのお金お取り引きできるのですが、レバレッジの倍数が多ければ大きいほどやはりそれなりのリスクを背負うことになります。 このFX(外国為替証拠金取引)でのリスクを

続きを読む

デモトレードとは?

FX(外国為替証拠金取引)をこれから始める人はまずはデモトレードをしてから本番の取引をした方がいいと思います。 FX(外国為替証拠金取引)のデモトレードというのは何かというと、実際に一度練習をするというようなことです。 本番と同じ取引をするのですが、資金は実際のお金ではなくて、仮想資金で始めることが出来ます。 仮想資金としていくらか受け取ったうえで、後は本番のFX(外国為替証拠金取引)の取引と同じ

続きを読む

FXにおけるチャートとは?

FX(外国為替証拠金取引)を始めた人はまずはチャートの見方をきちんと理解したうえで取引を始める方がいいでしょう。 FX(外国為替証拠金取引)におけるチャートというのは価格の変化を表しているグラフのことを言いますが、このチャートをいかにきちんと読み取ることが出来るかで、予想を立てたり、どんな組み合わせでFX(外国為替証拠金取引)取引をしていくのがいいのかということを知ることにつながります。 初心者に

続きを読む

スプレッド

FX(外国為替証拠金取引)におけるスプレッドとは、何を意味しているのかというと、売値と買値の値段の差のことを表しています。 FX(外国為替証拠金取引)では米ドル円というような形で売りが46買いが50といったように掲載されていると思いますが、 このときの売値と買値の差がスプレッドということになり、今の例でいえば、スプレッドは4ということになるのです。 これはFX(外国為替証拠金取引)でスプレッドが4

続きを読む