ロスカット

FX(外国為替証拠金取引)におけるロスカットについて紹介していきたいと思いますが、そもそもFX(外国為替証拠金取引)というのは元本が保証されていませんから、レバレッジをかけて、急に相場が変わってしまったという場合には、もしかすると大損害を出してしまうということもあり得ます。
FX(外国為替証拠金取引)でのそんな場合のリスクや損害を出来るだけ小さく抑えることとしてロスカットが導入されています。
FX(外国為替証拠金取引)のロスカットというのは証拠金の何パーセントになれば、ポジションのすべてを決済するというような制度で、このパーセンテージというのはそれぞれの証券会社や取引会社によっても違っているので、FX(外国為替証拠金取引)を始める際には、ロスカットの割合を確認しておくことになります。
FX(外国為替証拠金取引)のロスカットは強制執行されるものもあれば、警告だけにとどまったり、携帯のメールに連絡が入るなど、それぞれの会社によりロスカットのシステムが若干違っているのが特徴です。
リスク管理の一つの方法として、FX(外国為替証拠金取引)を行う際にはロスカット機能を使うことがお勧めです。

コメントを残す