ローソク足

FX(外国為替証拠金取引)のチャートを見ているとローソク足と呼ばれるものも出てくると思いますが、FX(外国為替証拠金取引)のローソク足というのは、1種類ではなく色々な種類があります。
例えば分足もあれば日足、週足もありますし、月足といったローソク足もあります。それぞれ色々な期間をターゲットにしているFXのローソク足があります。
FX(外国為替証拠金取引)のローソク足は、それぞれ使う目的が違っていて、分足のチャートになると1分というとても短い期間でのやり取りが目的ですから、スキャルピングを行う人やFX(外国為替証拠金取引)のデイトレードを行う人が利用するローソク足チャートということになりますね。
そして日足の場合には1日のすべての動きを表しているので、数週間単位でのFX(外国為替証拠金取引)取引を希望する人などが利用するのに効果的なチャートということになります。
それぞれFX(外国為替証拠金取引)の投資の期間などによりますので、自分がどの投資のスタイルでFX(外国為替証拠金取引)を行うのかによってローソク足を見る種類を色々と分けることが大切です。
自分に合わせてローソク足も見分けることになるのです。

コメントを残す