レバレッジ

FX(外国為替証拠金取引)でいうところのレバレッジというのは、少ない資金で大きなお金を動かすことです。
FX(外国為替証拠金取引)というのはそもそも現物取引を行うのではなくて金融先物取引になりますので、レバレッジの効果を活かして利益を出すことが可能なのです。
証券会社ごとにFX(外国為替証拠金取引)のレバレッジの倍数は違っているので、確認したうえで利用することになります。
例えばFX(外国為替証拠金取引)を取り扱っている証券会社ごとにレバレッジ200倍とかレバレッジ400倍といったように違いがあります。
FX(外国為替証拠金取引)初心者の場合には出来れば、レバレッジはあまり大きくかけ過ぎない方がいいと思います。
なぜならレバレッジはハイリスクハイリターンで、利益を大きく出す計算が予想通り進めばいいのですが、予想を反して損をしてしまうこともあります。
そうなると少ない資金で大きな損を出すことにもなりかねませんので、FX(外国為替証拠金取引)初心者が最初から、レバレッジを効かせるというのは危険だということになります。
損失が大きくなりそうな場合には、FX(外国為替証拠金取引)に見切りをつけて早めに損切りをしなければレバレッジで痛い目に逢うかも知れませんので注意しましょう。

コメントを残す