マージンコール

FX(外国為替証拠金取引)ではマージンコールというものが出てきますが、これはFX(外国為替証拠金取引)におけるリスク管理の一つです。
FX(外国為替証拠金取引)というのは外貨貯金と違って、レバレッジを使って少ない資金でも2倍から400倍くらいのお金お取り引きできるのですが、レバレッジの倍数が多ければ大きいほどやはりそれなりのリスクを背負うことになります。
このFX(外国為替証拠金取引)でのリスクを抑える方法としてマージンコールが導入されているのです。
このFX(外国為替証拠金取引)のマージンコールというのは取引に必要である保証金の金額が、証券会社が決めた割合よりも下になった時に、警告を出してくれるという制度です。
FX(外国為替証拠金取引)のマージンコールは、警告にすぎませんから、最終的には自分で決断はしなければいけませんが、FX(外国為替証拠金取引)でリスクが出そうな場合に、知らせてくれるのでとてもマージンコールは役に立つシステムです。
マージンコールはどこのFX取扱会社でも導入しており、セントラル短資などでももちろん導入していますから、FX(外国為替証拠金取引)のリスク管理としてマージンコールを活用しましょう。

コメントを残す