スプレッド

FX(外国為替証拠金取引)におけるスプレッドとは、何を意味しているのかというと、売値と買値の値段の差のことを表しています。
FX(外国為替証拠金取引)では米ドル円というような形で売りが46買いが50といったように掲載されていると思いますが、
このときの売値と買値の差がスプレッドということになり、今の例でいえば、スプレッドは4ということになるのです。
これはFX(外国為替証拠金取引)でスプレッドが4銭ということを意味しています。
レートを見る際にFX(外国為替証拠金取引)のスプレッドを見て選ぶことになるのですが、
少しでもスプレッドが安いところを選んだほうが利益になるということですよね。
FX(外国為替証拠金取引)のレートを表示するさいに最近は小数点の三ケタも表示しているような取引会社も増えているのでチェックしてみるといいでしょう。
取引手数料がない業者が今増えていますが、業者は手数料としてFX(外国為替証拠金取引)のスプレッドの中で利益を確保しているということになります。
これから証券会社がFX(外国為替証拠金取引)取引業者を選ぶ際にはスプレッドで比較することも一つの方法として視野に入れておきましょう。

コメントを残す